2008年09月21日

相撲協会 大麻疑惑 精密検査方法

相撲協会 大麻疑惑 精密検査方法

関連情報(Yahoo!ニュース)

精密検査について
 精密検査は五輪などのドーピング検査と同じ方法。
露鵬、白露山の大麻使用疑惑の精密検査は「三菱化学メディエンス」に依頼された。同社は世界反ドーピング機構(WADA)の国内唯一の公認検査機関


三菱化学メディエンス株式会社
 ドーピング検査とは何か?(三菱化学メディエンス株式会社HPより)
  一般的にドーピングとは競技に勝つために薬物を使用すること

  麻薬というとまず「薬物常用」「薬物乱用」といった犯罪行為が思い浮かびます。医学的に必要のない不正な薬物使用という意味で似通った点はあるものの、これらの場合には「Doping」ではなく、通常「Drug abuse」と呼びます。
 ・ドーピング検査の実施手順
   (1)省略
   (2)採尿では同性の監視のもとに一次検査用の「A検体」、保管用の「B検体」を各々所定量採取します(B検体は一次検査でドーピングの疑いが生じた場合の再検査に使用します)。 尿容器はさらに別容器に入れて二重とし、シールで封印されます。
   (3)選手の尿に相違ないことを選手本人と監視に当った同伴者が確認、書類にサインします。
   (4)検査の結果ドーピング物質が検出された場合、別の分析担当者が同一検体を再度分析し、その結果が初回時と一致すれば、その旨を検査責任者から予め定められた医事責任者に報告します。
   (5)省略
   (6)医事委員会で再分析が必要と判断された場合、選手関係者、委員会関係者、検査責任者の立会のもとに、封印・保管しておいたB検体を用いて確認試験が実施されます。


上記の実施手順を見ると、TVのニュースで露鵬が「自分達だけ違うコップを渡された」というような発言をしていましたが、もしそうだとすると

 ・採尿時に監視した人は誰なのか?
 ・B検体はちゃんと封印され、書類にサインされたのか?

 そして、(4)の手順で「ドーピング物質が検出された場合」とありますが、
 ・具体的な検査方法(どんな薬品や機器を使用したのか、等々)
 ・今回は具体的に何の物質が検出されたのか?
 ・別の分析担当者は誰か?
 ・分析担当者は分析するものが、今回の大相撲の麻薬疑惑に関するものと知っていたのか?


 ニュースを見ていると素人の発想ですが、どこかに悪巧みをしている人がいて、相撲協会を貶めるために裏でいろいろと工作したのではないかと思ってしまいます。

 まずはなんと言っても採尿時にちゃんと本人のモノが、正しく採尿されているのか確認できないと話が始まらないと思いますので、採尿時の監視者が誰だったのかが、すごく気になるところです。
posted by ssmakoto at 22:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

ガソリン税値下げ? フジTV「特ダネ」2008年3月31日放送分をみて感じたこと

ガソリン税値下げ? フジTV「特ダネ」2008年3月31日放送分

暫定税率の期限切れに伴うガソリン税の値下げについて放送されていました。

放送の内容について気になった点がいくつかありました。

(1)「4月1日からガソリンが25円値下げ」と明記されていた。

 説明で在庫の関係で4月1日から値下げされない場合もあることを一言いっていましたが、番組の内容だけを見た人は4月1日から値下げされるものだと思ってしまう内容だと感じました。
 この番組を見ればますます買い控えと値下げがされない場合の消費者の不信を煽るような内容で、混乱と誤解を防ぐ為に、もっと税金の仕組み(蔵出し税)についてや石油価格の上昇に伴い価格についてはお店によって変動する可能性があることを説明するコメントがあったほうが良いと思いました。

(2)消防法によるポリタンクの保存の禁止

 「ガソリンを消防法で禁止されているからポリタンクで保存することはいけない。」ことをいっていましたが、どうして禁止されているのか、危険性について一言でもないと、逆にポリタンクで保存しようと考えてしまう人をたんに増やすだけの内容ではなかったかと思いました。

(3)暫定税率の期限切れに伴う値上げについての情報が全く無い
 他の報道やニュースを見て知っている人もいるかもしれませんが、今回の暫定税率の期限切れに伴いガソリン税の値下げだけが大きく報道されていますが、値上げされるものもあるので情報として一言でも提供すべきだと思いました。

最近、暫定税率の期限切れに伴いガソリン税が値下げ(されるかもしれない)についてはインターネットで少し調べていたので、放送内容全体を見て感じたことは「番組制作者の意図によって受け取る感じはどのようにもなってしまう。」と感じました。

 
posted by ssmakoto at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 暫定税率の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

暫定税率の問題について自民党のHPを見た素朴な疑問

自民党

暫定税率廃止について(自民党のHPより)
(ここから引用)
それでもあなたは暫定税率廃止を望みますか?
(1)ガソリン税はあなたの暮らしと街を守っています。
ガソリン税などの道路特定財源は、真に必要な道路を整備することはもちろん、過去の道路整備の借入金返済や除雪などに使われています。さらには、暮らしの安心・安全を守るためにも有効に活用されています。
 ・日常的に混雑している交差点は9,000箇所
 ・通学路なのに歩道のない箇所は約4.4万km
 ・建設後50年以上経過した橋が現在8,900橋
 ・1時間に40分以上遮断している踏切は約600箇所
 ・生活幹線道路で救急車がスムーズに走行できない箇所などの支障区間が約5000区間(約13,000km)
 国土交通省「道路の中期計画(素案)」より
  :
(途中省略)
  :
 この4,000億円では、国道の除雪や維持管理すら難しく、新規事業や、継続事業は一切できません。
(ここまで引用)

◎素人の素朴な疑問
(1)最終的に自民党のHPでは暫定税率を廃止すると
 「国道の除雪や維持管理すら難しく、新規事業や、継続事業は一切できません。」
とありました。
 だったらどうして暫定税率ではなく本則税率にしなかったのでしょうか?
 本則税率にすると自由に使えなくなってしまうからなのでしょうか?
それとも法律を作るのが暫定税率の方が容易だったのでしょうか?
(2)混雑している道、危険な通学路、老朽化する橋、開かずの踏み切り等について述べていますが、昨年まではどのように予算が配分されていたのでしょうか?
 このような現状があるのであれば、とてもカラオケセットを購入するなんて普通は考えられないのではないのでしょうか?
posted by ssmakoto at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 暫定税率の問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。