2007年03月28日

浅野史郎氏の考え@東京都知事選挙

浅野史郎Webサイト 『夢らいん』
 http://www.asanoshiro.org/070320-manifesto/00.htm

石原都政がもたらした数々の問題点
(1)社会的弱者に対する差別発言、
(2)都政の私物化、
(3)恐怖政治のような教育現場など、

浅野氏はマニフェスト内に上記の記述がありました。
具体的にはどういうことか調べてみようと思います。

(1)社会的弱者に対する差別発言
googleで「石原慎太郎 差別発言」で検索しました。
「石原都知事は三国人発言を撤回し謝罪を」
 http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/syucyou/sangokujin_hatugen.html

 「三国人」とは?
 はてなダイアリーより引用
 「戦争当事国の国民ではあるが、敗戦国民でも戦勝国民でもない第三のカテゴリーの国民」の意味で、具体的には日本の旧植民地だった国や地域の国民を指す。=「第三国人」
 差別とは何の関係もない目的で作られた用語だが、「一部では差別用語扱いされている」という意見もある。


石原都知事の一連の発言は、日本が批准している
「国際自由人権規約」や
「人種差別撤廃条約」にも違反

(書き込み途中)
posted by ssmakoto at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都知事選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。