2007年03月24日

投資事業組合@ライブドア事件

投資事業組合(3つの形態がある)
 投資ファンドの一種
 ・任意組合
 ・匿名組合
 ・投資事業有限責任組合
 運営者(ジェネラルパートナー)
 出資者(リミテッドパートナー)
 「パススルー課税」
  課税は組合に対してではなく組合員に対してなされる経営メリットがある。
 組成は株式会社より簡単で、登記が不要
 運営者の手数料は2.5%程度が一般的である。

ライブドア事件で使われたのは、民法上の「任意組合」
http://www.future-planning.net/x/modules/news/article.php?storyid=1121

民法上の「任意組合」
 友人同士の投資サークルなど私的な組織のこと
 届け出たり出資者らを登記したりする必要はない為、外部から実態が分からない。
posted by ssmakoto at 02:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブドア事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。