2007年02月14日

日興コーディアル証券@新聞記事


 以下は2007年2月14日に「日興コーディアル証券 新聞記事」でgoogle検索し、ピックアップしたものです。

Yahoo!ニュース:日興コーディアルグループ不正会計問題

Yahoo! 達人コラム - 町田 徹「日興コーディアルの利益水増し 新聞の・・・

Digital Town on the web
「日興コーディアル証券(グループ)の粉飾決算とライブドア」
http://nextxp.net/archives/2006/12/post_233.html


2007年02月07日

少子化問題@柳沢大臣の発言

女性を機械に例えた大臣が問題になっています。

発言内容は問題だとは思いますが、問題は他にもたくさんあるのではないでしょうか?

 柳澤 伯夫
(やなぎさわ はくお、報道等では柳沢 伯夫とも、1935年8月18日–)は、昭和・平成期の日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(静岡3区選出)。現厚生労働大臣。

 柳沢大臣の発言
  
 他の人の意見
  遥洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」 「柳沢大臣の失言、私の見方」  [2/2] 

 ・今回の意見では何を訴えたかったのか?
   →「この一連の騒動から、この国の混迷が見えてくる。」ということ。
 ・「娘を溺愛する女性差別主義者」とは?
 ・「社会的失言」とは?
 ・本当に「“社会の本音”」なのか?
 ・「女性差別的発想は、どんな温厚な人の中にもあり得るということ。そして、それはなかなか自覚や偏向が難しいということ。」
   →自覚や偏向が難しければ、自覚や偏向できるようにするにはどうしたらよいか?
 ・「これほど強固な本音」とは?
   →柳沢大臣の発言のことか?
 ・「女性差別的発想」とは?
 ・「建て前上は決して許されない発言であり、建て前上は責任を取るべき発言だ。」
   →なぜ、許されないのか?
   →どのような責任を取る必要があるのか?
 ・「同僚や上司が「女はお茶を入れる機械だ」という考え」と今回の大臣の発言は同列なのか?
   →「お茶を入れる機械」という発言には完全に女性蔑視の意識があると思うが、「今回の大臣の発言」は機能として機械に例えたもので、女性蔑視の意識での発言とは異なると思う。
      →このような例えはあたかも柳沢大臣が女性蔑視をしている(=柳沢大臣が「女はお茶を入れる機械だ」と思っている)ような誤解を招く記述だと思うので、ひじょうに不適切な書き方だと思う。

 ・「建て前をどう作れるかが企業も社会も問われている。」
   →いつ、どこで、誰に問われているのか?
   →真に問われているのは「建前」ではなく「本音」ではないのか?
     →例えば、不二家の問題も「建前」として賞味期限が表示として十分でも「本音」=「実際の賞味期限」が切れていてはいつか、どこかで、ばれて今回のような状況になってしまうのではないでしょうか。
  
 ・「建て前さえ作れないこの国の混迷」
   →具体的にはどういうことか?
 ・「少子化を生み出している一因」
   →なぜ、上記のことが、少子化を生み出す一因になるのか?


 少子化とは?
 少子化問題とは?
 なぜ、少子化対策が必要か?
 マスコミの報道について
 批判するコメンテーターについて

 いろいろ思うところがあるので、今後、意見を述べていきたいと思います。

松崎しげる無免許運転@時事問題

「松崎しげる 無免許運転」

[最初に入手した情報元]
 TVのニュース

[詳細確認]
 
posted by ssmakoto at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。